- Blog記事一覧

Blog記事一覧

「膝」の痛みにお悩みならココを押せ!!

2019.10.01 | Category: 変形性膝関節症

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

もう今年も10月に突入しましたね♪
急に涼しくなったり、暑くなったりと気候の変化が激しいですので、体調管理に気をつけて下さいね!

今回は「膝」に対するケア方法をお伝えしますね♪

「膝」の痛みでお悩みを抱えている方って多いと思います….

理由としては「荷重」が主に直接かかりやすく体重や運動による衝撃を直接受けてしまいます。

また、病院に行って検査をして診断をされたとしても、リハビリとしては電気療法やステロイド療法…または、関節注射での対応が多いですね…

水が溜まってしまった方は「水を抜いて」の対応だったりとしますが、症状によってはそれだけでは、改善は見込めないものもあります。

特に「関節注射」や「水を抜く」といった対処療法は「その場しのぎ」であり、改善を行ってはいません。

痛みが無くなり「治った」と思う方も多いと思いますが、実際は膝の滑りを良くして膝にかかる摩擦を減らしているだけで、長期間で病院に行って同じことをしているのではないかな?と思うのです。

正直にお伝えしますと、長期間継続して改善が見込めない場合は、現在行っている治療は変えた方が良いです。

理由としては、症状に対する「見方」が違うからです…

「他にもその症状の痛みを出している原因がある」と思って頂くのfがいいかな?

勿論「膝」だけでなく「肩こり」でも「腰痛」でも一緒ですよ!!

話が少しそれてしまいましたが…「膝」に対するケアの場所をお伝えしたいと思いますので、現在、痛みでお悩みの方は、実際に今からお伝えするポイントをゴリゴリとマッサージしてみて下さいね!

お尻の「外側」(骨盤の外側)ですね。
ココをグリグリと股関節を曲げた状態でマッサージをしてみて下さい。

お尻の筋肉は膝との関連性が強く、緊張している状態だと、太腿の筋肉の緊張を促してしまい、最終的に「膝」の動きの制限をしてしまいます。

その影響で膝にかかる負担や摩擦量を増やしてしまい痛みに繋がってしまいます。

今まで、膝付近のマッサージをされていた方はこのブログを見た際に「お尻周辺」の筋肉を緩める意識を付けてみましょうね♪

「産後腰痛」と原因と押すだけセルフケア!

2019.08.22 | Category: 腰痛予防体操

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

今回は「産後腰痛」についてご紹介したいと思います。

出産後の腰痛でお悩みの方はおられませんか?
産後に「腰痛」が起きやすいのは「骨盤の歪み」…と思われている方が多いと思います。

勿論「歪み」も関係性はあるのですが、それだけではありません…

妊娠時にお腹に赤ちゃんがいると…重心が前方に移動してしまい、バランスを取ろうとして「足がつま先重心(踵が浮く状態)」に…腰も反ってしまいます。

この状態が続くと、どこに影響が起きるかといいますと…

「背中の筋肉(脊柱起立筋)(多裂筋)」←姿勢に関係してくる筋肉
「骨盤底筋(骨盤の底)」
「肋骨の筋肉(横隔膜)」

これらの筋肉が影響してきます。

これらが硬くなってしまうと、腰の緊張が強くなり…それだけでなく横隔膜の動きが低下することにより呼吸量の低下・内臓の動きが低下します。
また、骨盤を支える筋肉に負荷がかかるのです。

この状態が続くので、妊娠時は呼吸が浅く、腰痛が起きやすいのです。

ただ、妊娠時は必ず起きる事ですので我慢するしかないのですが…この状態が長く続くとクセになり、出産後は少しずつ姿勢は戻ってきますが、もともと緊張していたこれらの筋肉は固まった状態です。

これが「産後の腰痛」へと変わってくるのです…

なるべく早い段階で、この固まっている筋肉を緩めてあげると更に腰痛の改善へと導けます!

今回は、ご自宅でも出来るセルフケア方法も載せておきますので、行ってみて下さいね♪

ケア方法としては「多裂筋(背中の筋肉)」に対してのアプローチとなります。

1 まずは写真の赤丸付近で「ピリピリ」と痛む場所を手で(母指)「グッ」と押さえて下さい!
※ 「気持ち良い」場所でもOKです!

2 そのまま、椅子などに膝を曲げて足を置きます。

3 その状態で、押している指の力は弱めずに膝を左右に曲げます。

4 10回程度繰り返して下さいね♪

注意点ですが、妊娠中は行わないで下さいね!(多分、しないと思いますが…危ないですので)
毎日じゃなくて構いませんので、定期的にケアを行って、腰痛の状態などを確認してみて下さいね!

「背部」が疲れる方は要注意!

2019.08.18 | Category: 体の雑学

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

今回は…最近、多い「背中の筋肉」が硬くなることのデメリットをご紹介したいと思います。

「背部」の筋肉は、色々と「痛み」の原因となります。

例えば…

「肩甲骨」の可動域制限
「猫背」
「ストレス」
「腰痛」
「首の痛み」
「肩こり」

などの症状を起こす事があります。

特に注意なのが「ストレス」による背中の緊張(ハリ)です。

仕事や日常生活で「背中」が何もしていないのに話を聞くだけやその場にいるだけで違和感や「痛み」が出る場合は特に気にした方が良いですね…

以前にもご説明しましたが、背中には「自律神経」が関与しているからです。

「自律神経」の乱れが起きると「背中」にサインを出します。

ですが、逆にサインが出ているという事は、背中の緊張を改善する事で体が楽になるという事です…

「自律神経失調症」
「更年期障害」

こういった症状は、背中の緊張を緩和させることで少しでも症状を落ち着かせることが可能です。

現在、整体院 華にもそういった症状でお悩みの方もご来院されています。

ただ、背中の筋肉を緩めるだけでなく、お話をしたり、リラックスをしたり、ゆっくり出来る環境で落ち着いたりと…

そのような事も一緒に提供をさせて頂いております!(^^)!

意外と、安易にみられやすい「背中」の筋肉ですが、色々な症状の原因になり易いですので、しっかりと症状と向き合うようにしましょうね♪

私も症状改善のお手伝いをさせて頂きたいと思います!

「肩こり」の方必見!簡単!10回グルグル体操

2019.08.17 | Category: 肩こり

皆様、こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

先日、娘と一緒にプールに行ってきました!!
去年は水に浸かるのも怖かったのに…今年は、流れるプールも平気に入ってましたね♪

子供の成長は早いんだな…と改めて実感した瞬間でした!(^^)!

さて、本日は「肩こり」の体操をご紹介したいと思います!

まず「肩こり」のメカニズムを簡単にご紹介しますね♪

「肩こり」にも、原因が色々あります…

・「背中」の筋肉の緊張によって、肩の血液循環の悪化によって「痛み」「疲労」物質の滞り。

・「肩甲骨」の可動域・筋肉の緊張によって肩周辺の負担増加。

・「首」の付け根の筋肉緊張による血液循環の悪化。

・胸部の筋肉の緊張によって悪姿勢による背部の筋緊張による疲労。

色々な原因が合わさると、慢性的な「肩こり」となり、毎日悩まされてしまう日々が続いてしまいます…

最近では「肩甲骨」や「背中」に対してのアプローチも主流となっていますが、見逃されやすいのが…

「胸部(胸筋)」

この筋肉です!!

この筋肉が緊張する事で、悪姿勢(猫背)にさせてしまい、背中の緊張を促して「肩こり」の症状を助長させてしまいます。

なので、普段、見逃されやすい胸部の筋肉を緩めることが「肩こり」への改善に繋がります。

今回は、簡単に出来る胸部の体操をお伝えしたいと思います!

是非、行ってみて下さいね♪

1 赤い丸の所を反対の手で摘まんで下さい。
※胸の筋肉をつかむ様に意識しましょうね。

2 掴んだ状態でグルグルと10回回しましょう。
※ 10回グルグルした後は、反対回しをします。

これだけで、肩の筋肉がほぐれてきます!
また、肩の可動域も向上するため、肩の動きの悪さでお悩みの方にも効果があると思います。

無理の無い範囲で、時々行うくらいが丁度良いですので、継続してみて下さいね♪

「指でもみもみ」…ながら作業で簡単セルフケア♪

2019.08.16 | Category: 足の痛み

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

本日は、朝、職場に向かっている際にセミの鳴き声が聞こえてきました♪
「もう、夏が来たんやなぁ!(^^)!」….って思ったんですけども…もう、7月も中旬になってますね…

段々と季節の変わり目がズレてきてますけども、私たちが順応していかなくちゃいけませんね。

さて、今回は前回の続きで「足底筋膜炎」のセルフケアについてご紹介したいと思います。

「足底筋膜炎」でケアに努めて欲しい部分は幾つかあります…

それは…

「足首」(足関節の硬さ)

「足の裏」(アーチの変形・崩れ)

「ふくらはぎ」(筋肉の緊張)

ですね♪

「足首」に関しては、足関節の柔軟性によって、足にかかる負担を減らしてくれます。

「足の裏」はアーチの変形などが起きていると、治す必要がありますね…

「ふくらはぎ」は「ふくらはぎ」の筋肉がそのまま「アキレス腱」となって「かかと」にくっついていますので、筋肉の緊張があると緩めてあげないといけません…

是非、ご自宅で行って頂きたいのは「足の裏」のケアをして頂きたいです。

これには、時間も必要で継続する事でようやく効果が現れるからです!!

それでは、セルフケア方法をご紹介しますね♪

1 タオルを用意してください。
※ タオルで出来ない方は、ティッシュもしくはくしゃくしゃにした新聞紙で代用しましょう。
ティッシュ→新聞紙→タオルの順番で難しいです。
※ 今回はティッシュで行っています。

2 タオルを足の指で摘まんで引き寄せます。

3それをTVを見ながらで構いませんので、5分くらい頑張ってみましょう♪
※ ながら作業のほうが、継続し易いです♪

本来は、タオルで出来るのが一番良いですが、これが難しい方はそれだけ「足のアーチ」が崩れています。(扁平足になり気味…)

ですので、現在「足底筋膜炎」かも!?と思う方は、試しに行ってみてどの位のレベルで出来るか確認してみて下さいね♪

最後にですが…良く間違われるケア方法をお伝えしますね♪

皆様、良くやってしまいがちなのですが…

「痛いから、足の裏を揉む・マッサージする」

これは、逆に痛みを出してしまう可能性があります。

マッサージする場合は「炎症」が起きないのを確認してからケアしてみて下さいね♪

アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402