- Blog記事一覧

Blog記事一覧

皆様、運動前にどんな「ストレッチ」してますか?

2019.04.02 | Category: 体の雑学

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です。

本日は「ストレッチ」について少しご紹介したいと思います。

皆様は「昔から運動前にはしっかりとストレッチをしましょうね!」と言われていませんでしたか?

実際ストレッチをすることはとても大事な事でもありますが…

実は、医学的には、運動前にストレッチをしても「効果は無い」と言われております。

昔からの日本人の習慣ですから、効果が無かったとしても引き継がれてきたのでしょう…

ただ、効果は無いと言われているのは、普通のストレッチの事ですね( ;∀;)

やり方次第では、けがの予防や筋肉のパフォーマンス向上による運動能力の向上も行うことが出来ますので、ストレッチの種類と効果を書いておきます。

1 「スタティックストレッチ」
同じ姿勢を何秒間か維持するストレッチです…
皆様がストレッチと聞いてイメージするのは、このスタティックストレッチが該当すると思います。

効果として「柔軟力」を高める事が出来ます。また、筋肉の緊張をやわらげ、血行を良くすることで、疲れやカラダのだるさを改善する事が可能です。

2 「バリスティックストレッチ」
反動をつけて筋肉を動かすストレッチです。反動を使う分運動前は、筋肉に強く刺激をしてしまうため運動前にはオススメは出来ません。

3 「ダイナミックストレッチ」
体をある程度動かしながらストレッチを行います。大きな反動をつけないですが「スタティックストレッチ」よりも筋肉の伸張効果がある為「パフォーマンス」の向上が見られます。
イメージとしては…「ラジオ体操」が近いですね♪

他にもあるのですが、この3つが多く言われています。

日本人は、運動前に「スタティックストレッチ」をするのですが、逆に筋肉の伸張効果が悪いためパフォーマンスは変化しません。逆に休ませることで低下を招きます…

運動前に「パフォーマンス」を向上させるので良いのは「ダイナミックストレッチ」と言われています。
コチラが、筋肉にしっかりと刺激を与えてくれるために運動前の準備には一番合っている「ストレッチ」ですね!(^^)!

「スタティックストレッチ」は運動後に行うと疲労効果の改善が期待できますので、運動後に行って下さいね♪

後日にまた「ストレッチ方法」を掲載したいと思いますので、気になる方は見て下さいね♪

お客様からの喜びの声をもらっています♪

2019.04.01 | Category: 患者様の喜びの声

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

本日は元号が発表されますね♪
みなさんはどのような言葉が入ってて欲しいですか?
分かりやすくて、覚えやすいのが一番ですよね!

本日楽しみにしておきましょうね(*^^*)

さて、今回は「お客様の喜びの声」をご紹介したいと思います♪

20代後半・男性の方で仕事が多忙のため「腰痛」を我慢されてお仕事を継続されていました。
最初はなんとか頑張れていましたが、無理をしている内に腰が動かせなくなるほど痛みが出てしまいました。

最初は「ぎっくり腰」かな?とも思いましたが、熱感も無くいきなり動きが出来なくなったわけでも無かったですので、症状を決め付けずに色々と検査をさせて原因を探してみました。

「腰痛」では、ありましたが腰を反る動作にて上半身の動きが全く出せていない状態でしたので、背中の筋肉を確認させて頂くと…

「背骨の動きも無く、背筋群がカチコチに固まっていました…」

原因が分かったので、背筋群や背骨に対してアプローチを加えると、施術後に体を反る動作にて痛みも無く行えるようになっていました。

後日に痛みも殆どなく、仕事が出来ていたと主張されていました。

現在は、痛みを出さないように予防のため1ヵ月1回メンテナンスに来院されています。

私の施術は、痛みがある部分だけをアプローチするのではなく、他の原因を探してから施術をするようにして、原因の追究を最初に行っています。

最初は「なんでここを触るの?」と疑問に思われている方もおられましたが、施術後に痛みが無く体の状態も良くなっているため、施術を受けた方はびっくりされていましたね…( *´艸`)

最後には、施術を受けた方が安心出来るように…
「原因は何だったのか?」「何をしたのか?」をしっかりとお伝えしてから納得して帰宅出来るように心がけております。

あなたも、私の施術を受けて現在ある「お悩み」を解決してみませんか?

ここまでお読み頂きありがとうございます!!

「脊柱管狭窄症」…痛みを悪化させてしまう運動方法

2019.03.28 | Category: 脊柱管狭窄症

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(‘ω’)

今日は、前回の続きで「痛みを悪化させてしまう」運動方法をお伝えしますね…

前回は「腰椎ヘルニア」でしたが、今回は「脊柱管狭窄症」という症状の事を書きたいと思います。

「脊柱管狭窄症」って聞いたことありますか?

人間の背骨の中には脊髄といった大きな神経があります。
この「脊髄」から神経が枝分かれして色々な神経へと変わっていきます…

「脊柱管狭窄症」とは「脊髄」の周囲にある骨が少しずつ変形を起こして神経の圧迫を起こすことで痺れなどが起きます。

また、安静時は殆ど違和感や痛みは無いですが、背筋を伸ばして歩きだすと痺れや痛みが出てくるため、休憩をしながら歩くようになってしまいます。
※ 間欠性跛行とも言います。

それと、前かがみの状態が楽なため段々と姿勢が猫背(亀背)へと変わります。
自転車なども楽なため、移動は歩行よりも自転車を使うことが多くなります。

発症で多い年齢は大体70歳くらいですが…
時々40代以降の方も起きることがありますね…..

「脊柱管狭窄症」もメディアやインターネットでよく紹介される症状でありますので「ヘルニア」同様に間違った運動方法をされている方が多いですので、1つ紹介致しますね!

体を反る運動

「脊柱管狭窄症」の方は、猫背の姿勢になるので姿勢を戻したい…という気持ちで体を反る運動をされる方が多いです。
これを繰り返すと、余計に神経の圧迫が強くなり痛みが増加してしまいます。

「体が丸まっているから反ることなんか出来ない」ともお聞きしますが、知り合いの方や身内の方に「姿勢がだらしない…」と言われて、運動を繰り返していました…と主張されていた患者様も当院におられます。

最近は、インターネットやメディアで色々な情報が飛び交っていますが、どれもがあなたにあった運動ではありません。

しっかりと症状と向き合って正しい知識を知ることが改善に繋がります。

「現在も痛みでお悩みの方…」
「正しい知識を知りたい方…」

些細な事でも構いませんので私がご相談に乗ります!!いつでもご連絡下さいね!(^^)!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

「腰椎ヘルニア」痛みを招いてしまう運動方法…..

2019.03.27 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

本日はですね…
「腰椎ヘルニア」の痛みを悪化を招いてしまう運動方法をご紹介しますね!(^^)!

「腰椎ヘルニア」持ちの方は、現在どのように対応をしていますか?

「ストレッチ」
「ヨガ」
「運動」
「「トレーニング」
など…「このような運動がオススメですよ!」とネットなどで見て実施している方も多いと思います。
現在は、ネット社会ですからね…検索したらなんでも出てきます!!

ですが、あなたの症状に合っていない運動方法をしてしまうと悪化を招いてしまいます…

特に多いのが…

「インターネットで検索したらオススメの体操法って出ました」

「私はこの運動で良くなったら同じことしてみたら?」

こんな事を言われて同じ運動をしたら、逆に悪化したと時々お聞きします。

今回は、少しだけですが「腰椎ヘルニア」の痛みを招く運動方法をお伝えしたいと思います。
もし現在似たような運動をしているならば、いったん中止をした方が良いかもしれません…

こちらが痛みを助長させる運動です。

写真のような、前屈運動や捻じる運動になります…

ヘルニアの方は、前屈をする動きが良くありません。

なぜなら…「ヘルニア」とは、背骨の中にある組織の一部が飛び出てそれを圧迫してしまうので痛みや痺れが出てきてしまいます。

前屈することで余計に圧迫を招いてしまい、痛みの増加や痺れの助長を促すのです。
また、人によっては組織が飛び出る方向が違うため、捻る運動なども良くないですね…

このような真っ直ぐ起き上がる「腹筋運動」も腰に負担をかけてしまうため、あまりよくないです…
腰回りを強化して、腹筋や背筋の強さで筋肉の動きをサポートする方法もあるのですが、急性期の痛みがある状態などで行ってしまうとより痛みを悪化させます。

ヘルニアでお困りの方は、もの凄く多いと思います。
病院に行くと手術しかない…とも言われた方もいるかもしれませんし、現在も痺れや痛みで悩まれている方もおられると思います。

「正しい運動方法を知りたい!
「悩みを本気で解決したい!」

と思われる方は是非、私にお手伝いをさせて下さいね!

今回は「腰痛症状」の中の「腰椎ヘルニア」をご紹介しましたが、次回は「違う症状」のご紹介をしたいと思います♪

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

「骨ストレッチ」で10回肩こり解消術♪

2019.03.26 | Category: 肩こり

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

皆様は「骨ストレッチ」って知っていますか?
前に本を出版されて現在でも継続して販売されていますし、TVでも何度か見かけたことがあります。

「人間は体を動かすときは、主に筋肉を使って動かす」と主に言われていますが、無駄な力を使用し過ぎているためスムーズな動きが出せていないのです。
そのスムーズな動きに必要なのが…

「骨の連動性」

によって、無駄な力を使わずにスムーズな動きを作ります。

その「スムーズな動き」に関与している「骨」が…

「鎖骨」
「肩甲骨」
「肋骨」
「骨盤」

人間は、普段の運動不足やストレス・間違った筋肉の使い方によって体を緊張させています。
特に先ほど、紹介した骨の連動性が失われて可動域の低下や筋緊張による肩こりや痛みを出すのです。

先日紹介した「筋膜」の考え方とはまた違って面白いですよね♪
人間の体に絶対はないですので、今回の運動も試してあなたに合った事を行ってみて下さい!

それでは、運動を説明したいと思います。
最初に注意点ですが、少し窮屈な姿勢となりますがなるべく姿勢を崩さずに頑張って下さい。
姿勢が崩れると効果が半減します。

今回は「肩こり」「肩の可動域向上」の「骨ストレッチ」です。

1 まずは、右手の親指と小指をくっつけます。

2 左手の親指と小指で写真の丸部分を抑えて下さい。
※ 左の親指で右手の親指側・小指で右手の小指側を抑えます。

3 最後にお腹の前に手を持って動かします。
※動かす部分は手首だけで上下・左右10回でOKです!
※窮屈な姿勢の為、他の部分に力が入るかもしれません…なるべく力を抜いてリラックスしましょう♪

写真では、座っていますが運動を行う時は立って行いましょう。

正しく運動が出来ていたら肩の部分が軽くなっており、肩の可動域が向上しています。
運動前後で分かるように、最初に触って硬さを確認していてくださいね♪

もっと「骨ストレッチ」を知りたい!と言われる方は、いつでも整体院 華に来てくださいね!(^^)!

アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402