- Blog記事一覧 -お酒の飲み過ぎで「肝臓」疲れていませんか?

お酒の飲み過ぎで「肝臓」疲れていませんか?

2019.12.10 | Category: 体の雑学

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(≧▽≦)

皆様は年末年始の「忘年会」や「新年会」はありますか?
大体の方が「YES]だと思いますが、飲みすぎたり….飲まされたり….と色々あったりすると思います♪

飲む事に関しては悪い事ではないですが、飲みすぎには注意するようにして下さいね~!

今回は「アルコール」に関する事をお伝えしたいと思います♪

「お酒(アルコール)」は口から入ると「肝臓」で分解されると言いますが、実はその前に「胃」と「腸」で吸収されます。

その「胃」と「腸」で吸収後にその90%くらいは「肝臓」にて分解されてきます!

そして「アセトアルデヒド」といった有害酵素に分解された後に、「更に細かく「無害な酢酸」へと最終的に分解されて「汗」「尿」「呼吸」時に排出されていきます!

この分解作用の働きが強い人は「お酒に強く」働きが少ない人は「お酒が飲めない人」となります。

「毎日飲めば飲むほど強くなる」とも言われますが、アルコールの分解の働きが少ない人が無理をして飲み続けると…

「腰痛」
「背部痛」

といった症状を起こして、原因も分からずに「痛み」を出してしまいます。

この場合は「肝臓の過活動」が原因な為、少し休ませてあげる必要がありますね…

お酒が好きなあなたは如何ですか?

「腰痛」「背部痛」起きてないでしょうか?

この際は、いくら「腰回り」マッサージしても良くなりませんので、内臓器に対するアプローチが必要となってきます。

お酒の飲みすぎによる「肝臓の負担」を軽減する予防方法はありますので、幾つかご紹介しますね♪

1 「ビタミン1」・「タンパク質」を摂取

アルコール分解の際には、「タンパク質」と「ビタミンB1」を消費するために、減ってしまった分、食べて摂取するようにして下さい♪
良く言われる「しじみ汁」などは「ビタミン」が豊富ですので、お酒とセットで摂取してみてはいかがでしょうか?

2 「糖分」「水分」をお酒を飲んだ後に摂取する。

これも、アルコール分解の際大量の「糖分」を使用するため、一緒に摂取しておくのがオススメです!

これから、お酒を飲む時期が増えてくると思いますので、少しでも「肝臓」にかかる負担が減らせれるように試行錯誤してみて下さいね!!

LINE@から無料相談可能です!!

「@546vpuxi」


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402