- Blog記事一覧 -「痛み」に鈍感な人と敏感な人の違い…って何!?

「痛み」に鈍感な人と敏感な人の違い…って何!?

2019.12.16 | Category: 体の雑学

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

もう2019年も終わりが近づいていますね!
来年がオリンピックだと思うと少し気持ちが高ぶってきますね♪
東京オリンピックは見に行かれますか?チケット当選した人もいれば、当たらなかった方もいると思いますけども…現地に行けない場合は、TVから一緒に応援しましょうね!!

さて、今回も「患者様からの質問」で…

「体の痛みってみんな同じように感じるのでしょうかね…」

との質問がありました!!

「そんなわけないじゃん!」
「痛みの感じ方は人それぞれだし、傷の大きさや怪我の度合いによっても違うでしょ!」

などと思われる方が多いと思います。

ぶっちゃけ言いますと…

「その通りです(笑)」

人それぞれ「痛み」の感じ方は違います。

ですが…「同じ年齢で同じ体格・性別・同じ症状…etc」色々と条件が一緒だった場合どうだと思いますか?

この場合でも「痛み」の感じ方は変わってきます。

同じ症状でも「強く痛みを感じる」場合もあれば「全然痛くない」と言われる方もいます。

この差って何だと思いますか?

実は…

「過去に大きな怪我をした…」
「注射が苦手…」
「痛みによるトラウマがある…」

などと、上記のような経験がある人は「痛みに敏感」になり易いです…
逆にあまり怪我や痛みに無縁だった方は「痛みに鈍感」になり易いです。
※ 「心理的な因子」だけでなく「育ち」も関係してきますよ!

こういった事で「痛みの感じ方は人それぞれ違う」ようになるのですが、理由として…

「脳」

が関係しており、もともと「痛み」自体は体の「痛覚受容体」が感じ取り「脊髄」を通って「脳」に送られるのですが、何回も繰り返したり、凄く痛い思いをしたりするとその「痛み」を覚えてしまいます。

そうなってしまった場合,次に怪我をしたりすると「過去に起こした痛み」をフィードバック&ループをさせてしまい、余計に「痛みを増幅」させるようになるのです…

「過去のトラウマ」や「精神的な因子」が原因となって「痛み」を強く感じるようになってしまいますよ。

次回は「痛みに対する鈍感・敏感のメリット・デメリット」や「この状態が強くなってしまった場合どうなるのか?」などと記載しますので、是非、見て行って下さいね!


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402