- Blog記事一覧 -10秒で簡単♪ 首ストレッチ!

10秒で簡単♪ 首ストレッチ!

2019.04.16 | Category: 胸郭出口症候群

皆様、こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

今回は、前回の続きで「胸郭出口症候群」について予防ストレッチ等ご紹介しますね(*^^*)

「胸郭出口症候群」とは…

「斜角筋症候群」
「肋鎖症候群」
「過外転症候群」

この3つの症状の事をまとめての名称となります。

この「胸郭」の鎖骨と肋骨付近にある「腕神経叢」と「鎖骨下動静脈」が筋肉による圧迫により、腕や肩もしくは指に対しての痺れ…倦怠感・手指の蒼白を起こしてしまいます。

病院で受診しても「保存療法」や「痛み止め」などで様子を見ての対応が殆どですが、ご自身でストレッチをして頂くことで、予防や改善は可能です!

この、症状は…

「悪姿勢」
「デスクワーク等の長時間の前傾姿勢」
「重労働による負荷」

などが原因で起こります。

中でも、前傾姿勢による「小胸筋」といった胸の筋肉ですが…

この筋肉が緊張を起こすことで、胸郭内の神経・動静脈の圧迫が起きます。

また、重たい物を持ったりと肩周りの筋肉に負荷をかけると、首の前面にある「斜角筋」といった筋肉が硬くなることで、同じく神経の圧迫を引き起こしますので、これらに対してのアプローチをかけることによって、様子を見るだけでなく、改善や予防に努めることが出来るのです…

今回は「斜角筋」に対してのストレッチをご紹介しますね♪

1 左右どちらでも構いませんので、鎖骨を反対の手で下方向に押し下げて下さい。

2 その状態で、首を押し下げた鎖骨と逆の方向へ首を倒して顔を横に向けましょう。
だんだんと、首の前面の筋肉が伸ばされてきたらOKです!!

3 その状態を10秒~20秒程度、息を止めずに行ってみて下さい!

「斜角筋」がガチガチの方は、すごく痛いと思いますが、それだけ首回りが硬くなっている証拠ですので、少しでも、予防に努めれるようにストレッチを継続してみて下さいね(*^^*)

「胸郭出口症候群」ですが、女性の方で「猫背」や「デスクワーク」の方がなり易く、20代から起きる症状で、痺れや痛みがあるので悩まれている方も多いです…

「まだ若いから大丈夫!」と思わずに、少しでも違和感があるうちに対処しておくことで、今後の生活が楽になると思いますよ!

時々、自分のメンテナンスをするように心がけて参りましょうね♪

その時は是非、私にお手伝いをさせて下さいね!(^^)!


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402