- Blog記事一覧 -「ギックリ腰」になった時の正しい対処法

「ギックリ腰」になった時の正しい対処法

2019.05.03 | Category: 腰痛雑学

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

本日は「ぎっくり腰」に対しての対処法をお伝えしたいと思います。

「ぎっくり腰」は経験した事ある方はとても多いと思います..
急に起きて「どうしたら良いの?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思うので簡単に症状の説明をしますね。

「ぎっくり腰」とは「急性腰痛症」といった診断をされます。また「魔女の一撃」などとも言われており、その名の通り…「魔女がやってきた!」「魔女の攻撃を受けた!」などが由来となっています(笑)

症状としても、重症の場合は…

「立位不能」
「熱感」
「激しい痛み」
「一時的な筋力の低下」

これらの症状が出現します。

経験した事のある方は、仕事なども集中出来なかったり…
出勤自体が出来ない事もあったと思うのです…

原因としては…

「慢性的な筋疲労」
「骨の歪み」
「腰部の筋肉低下」
「急激な筋肉の伸張」
「ストレス」

人によって様々ですが、主にこのような事が「原因」とも言われます。
運動をしていても、肉体的な筋肉疲労があると、若年層でも起きる事も少なくないです。
ですので、少しでも不安がある方は早いうちにマッサージや治療機関などで予防をしておいて下さいね!
定期的なメンテナンスが一番の予防だと思います♪

では「ぎっくり腰」なった時の対処法をこれからご説明しますね(*^^*)

「ぎっくり腰」の対処法を順番にすると…

1 患部を冷やす。
※ 「熱感」を持つため、症状の初期は冷やします。

2 動けるようになるまで「横向き」で腰に負担が少ない姿勢をします。
※ 上向きは一番腰に負担をかけるのでNG…というか、殆ど出来ません。

3 動けるようになったら、治療機関に行って構いません。

4 2日後くらいから入浴・低下した腰に関与する筋肉の運動を行う。
※ 急激な痛みによって、主要な筋肉が一時的に失われますので運動を開始します。

5 正しい治療を行うと、1週間かからない程度で回復します。

初めて「ぎっくり腰」を経験した場合はこの順序で対処をしてみて下さいね♪

一番行ってはいけないのは…

「患部をマッサージする」

これは、症状の悪化を招きますので行わないで下さい!
マッサージは大事ですが、タイミングを間違えては逆効果です…

初めて、起きた場合は焦らずに対応してみて下さいね♪


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402