- Blog記事一覧 -「五十肩」ってどのような症状が起きるの?

「五十肩」ってどのような症状が起きるの?

2019.05.05 | Category: 五十肩

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

今回は「五十肩」についてご紹介したいと思います。

この「五十肩」なのですが、別名を「フローズンショルダー(凍結肩)」とも呼びます。
また、病院によっては似たような症状で「肩関節周囲炎」とも診断されたりしますね。年齢等によって診断名が変わったりもします。

原因は未だに不明で突発的に起きる事が多く、大体名前のように40代後半~60代の方に見られます。
ただ、原因は不明ですが…日常生活上での使い過ぎによって、肩部に負荷がかかることによって「拘縮」や「炎症」が出現するのではないか?と現段階では言われていますね…

「五十肩」なのですが、人によって症状が異なります。

一つが「大胸筋」といった筋肉によって肩関節の制限が起きて、肩が動かなくなる場合。

二つ目が「肋骨」や「肩甲骨」の可動域制限・筋肉の癒着・緊張によって肩部の制限が出現。

最後に「肩甲骨」がルーズになり過ぎることによって、肩関節への摩擦が大きくなり炎症を起こすパターン。

これらの症状が多くみられます。
症状の進行が進んでしまうと、夜中に突然痛みが起きたり(夜間痛)、肩関節の可動域制限が著名に起きてしまいます。
特に…「結滞動作(エプロンを背中に着ける動作)」や「結髪動作(髪を結ぶ動作)」が難しくなってしまい、最終的に背中に手が回らなくなります。

「肩関節周囲炎」の段階だと、拘縮がまだ進行してないので可動域の制限は少ないと思います。

早期の段階で治療を行うことで、回復も見込めますが…
どこが原因かによって、治療機関は変わってきます。

最初の「大胸筋」や「肋骨」・「肩甲骨」の緊張は緊張緩和を正しく行うことで早期の回復も見られますが、「肩甲骨」がルーズになっている場合は、大胸筋とのバランスを整える必要がありますので、少し時間がかかってしまいます。

ですが、しっかりと治療を行うことで変化は出てきますので諦めないで下さいね!

私、整体院 華でも「五十肩」でお悩みの方が来院されております。
施術を継続する事で、痛みの改善等行えておりますのでもし「五十肩」でお悩みの方は是非来院してみて下さいね♪

ここまでお読み下さり、ありがとうございました!(^^)!


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402