- Blog記事一覧 -「五十肩」でお悩みではありませんか?

「五十肩」でお悩みではありませんか?

2019.10.28 | Category: 五十肩

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

最近、患者様でも「五十肩」でのご来院が増えてきているため、本日は「五十肩」についてご紹介したいと思います♪

以前にもセルフケア方法や原因等お話しましたが、それとは違う事をご説明しますね!

「五十肩」ですが…「フローズンショルダー」「拘縮肩」などとも呼ばれています。

原因は、肩の周囲にある組織の石灰化….とも言われていますが、なぜ、石灰化するのかは証明されていないのです…

また「肩の組織」といってもイメージが難しいと思いますので、どのあたりなのか、写真を貼っておきますね!

この赤い丸の「白い部分」が石灰化を起こしてきます。

ココに「上腕の筋肉(力こぶを作る筋肉)(肘を伸ばす筋肉)」「肩甲骨の筋肉」など色々な筋肉がくっついてきます。

また、鎖骨や肩甲骨なども人体によって繋がれており、そういった部分の緊張も起きてしまいます。

これらが原因で…

「動かすと痛い…」
「ここまでしか肩が挙がらない…」
「夜、寝る時にジンジン痛む…」

などの症状が現れてきます。

動かすので、痛いのは「筋肉の緊張」「靭帯の石灰化」が原因で、可動域制限に関しては「骨・関節拘縮」によっての痛み…

夜、眠る時に痛いのは「石灰化による炎症」が原因となります!

そして、よく間違ったケア方法をされる方が多いのですが、あまり効果が得られないものとして…

「電気療法」
「温熱療法」
「無理な可動域訓練(ストレッチ・運動)」

残念ながら、これらは五十肩の改善にはなりません…

病院では、こういったケアをされる事が多いですが、正直オススメしませんので、もし、ずっと続けていても改善が見込めないならば、治療院を変えてみましょう。

ご自身で、出来るケアとしては「鎖骨」と「胸の筋肉」に注目してみて下さい!

「鎖骨」は肩を挙げるのに一緒に動いてくれる骨です。
「肩鎖関節」といって、肩との関節を作ってくれます。

また、「胸の筋肉」はガッチリと肩周りを押さえつけるように付着していますので、この部分を緩めていくと関節の動きがスムーズとなり、可動域・痛みが緩和します。

次回は、この続きで「鎖骨」と「胸の筋肉」のセルフケア方法をお伝えしますので。五十肩や肩の痛みでお悩みの方は見て下さいね♪


アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402