- Blog記事一覧 - 坐骨神経痛の記事一覧

坐骨神経痛の記事一覧

10回で「足の痺れ」改善体操♪

2019.07.05 | Category: 坐骨神経痛

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!

前回の続きで「足の痺れ」のセルフケア方法をお伝えしますね♪

今回は「足の痺れ」でも色々な神経が関係してくるのですが…今日、お伝えする「神経」は…とても有名な「坐骨神経」に対してのケアにしたいと思います!

皆様も一度は聞いた事あるのではないかな?…と思うのですが「坐骨神経」って知っていますか?

現在、痺れがある方はすでにこの「神経」が何かしらの障害を受けているかもしれませんね…

「坐骨神経」とは…「背骨(脊髄)」からニョキニョキっとお尻(骨盤)を通って、太腿…ふくらはぎ…足裏…足先まで神経は伸びています。

このどこかで絞扼(障害)を受けることで痛みや痺れが出てしまうのです。

一番多いと言われるのは「坐骨神経痛」といってお尻の筋肉がカチカチになってしまったり、逆に筋肉量が低下してしまい、ユルユルになって神経との摩擦が起きてしまうパターンがあります。

筋肉が硬くなっているなら緩めたら良いのですが、筋肉量の低下の場合はその原因となっている筋肉の教育をする必要がありますね…

これは、人それぞれ症状によって違いますので「誰でも同じ運動をすれば良くなる」という訳でもありませんので、あなたに合う運動方法を試してみて下さいね(*^^*)

さて、今回のセルフケア方法は…
以前もボールを使った似たような運動を説明させて頂きましたが…
少しだけ変わっていますので、以前の運動と一緒に行ってみて下さい!
以前の運動が分からない方は…ブログをに掲載しています!

テニスボールもしくは…硬くて丸い物でもOKです♪

1 最初に腰の動きを確認しておいて下さい。
※ 首も動き易くなる方もいますので、首も確認しておいて下さいね♪

2 今回は、足の上がる可動域も確認しましょう。
※上向きで寝て、膝を伸ばした状態で足を持ち上げます。

3 上向きでお尻にボールを置きます。
※お尻の割れ目に「坐骨」といった骨がありますので、その3~4横指右にボールを置いて下さい。

4 膝の曲げ伸ばしを10回繰り返します。

以前のセルフケアは膝を横に倒す運動でしたが、今回は曲げ伸ばしをします。
動かす方法を変えるだけでも、使われる筋肉が変わりますので効果も変化します♪

少し痛い場合もありますので、無理せずに行ってみて下さいね!

お尻「ゴリゴリ」マッサージで…坐骨神経痛対策!!

2019.04.21 | Category: 坐骨神経痛

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

前回の続きで「坐骨神経痛」に対する効果の出やすい運動方法をお伝えしたいと思います♪

「坐骨神経痛」ですが…

「腰椎椎間板ヘルニア」
「脊柱管狭窄症」
「腰椎すべり・分離症」
「腰椎の変形」

これらの症状と併発して起こりやすいと説明をさせて頂きました!

なぜ、同時に起こりやすいのかと言いますと…

「脊髄」が圧迫されるからなのです!!

この「脊髄」が人間の最も大きい神経なのですが、ここから枝分かれするように神経が分かれています。
「坐骨神経」も一緒に分かれています。

上記の症状によって「脊髄」の圧迫が強くなって痺れ等、強すぎる場合は手術も必要になる場合がありますが、それとは別に…

他の筋肉部位に負荷をかけて緊張を起こす事があります。

今回は、筋肉の緊張によって「神経痛」を出している場合の改善運動方法をお伝えしたいと思いますので、症状によって使い分けて下さいね♪

「坐骨神経痛」ですが…

「梨状筋」といった筋肉に圧迫されて痛みを出すパターンがあります。

写真のように「坐骨神経」は「梨状筋」の下を通っています。
今回の運動は、この筋肉にアプローチをかけるようにしますので、この筋肉によって痺れや痛みを出している方は効果的ですので、行ってみて下さい!

実際に、痛みが軽減した場合がそこが「原因」だったと思ってもOKです!

1 まずは股関節を前方・後方に伸ばしてみて硬さを確認して下さい。また、前屈・後屈や現在の痛みの状態を確認しておいて下さいね♪

2 まずは、お尻の赤丸で囲っている部分を手で触ってみて下さい。

3 横向きに寝てから股関節を曲げれるところまで曲げて下さい。膝もしっかりと曲げましょうね♪

4 そのまま、赤い線の部分を手でゴリゴリと筋肉を裂くようにマッサージします。
※ 手が疲れるならば、硬い物で行ってみて下さい。(ペンの後ろ側でもOKです!)

「坐骨神経痛」ですが、神経症状によって筋力の低下や萎縮を起こしてしまう場合もありますので、もしその場合ならば正しい運動方法や筋肉をしっかりと使用する必要があります。

お尻周りが硬くなっていると実感がある方は、是非今回の運動を続けてみて下さいね!
継続することで、効果が出てくると思いますので、頑張りましょうね♪

「坐骨神経痛」に悩まされていませんか?

2019.04.17 | Category: 坐骨神経痛

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

来週でGWに入りますね!皆様は予定はお決まりでしょうか?
私は、引っ越しを5月中で行うので、引っ越し準備をする期間にあてようかな~?って思ってます♪

まだ、手を付けれてないんで…多分大忙しの連休になりそうです…

ですが!!!整体院 華はGWも関係なく営業しておりますので、お体の痛みでお悩みの方はいつでもご連絡下さいね♪

さて、今回は「坐骨神経痛」について症状の説明をしていきたいと思います♪
また、セルフトレーニング等もお伝え出来たらいいな!と思っています(*^^*)

「坐骨神経痛」ですが、最近ではメディアでも取り上げられることが多く、知らない人の方が少ないのではないかな~と思います。

この症状ですが、名前の通り「坐骨神経」といった人体で最も太く長い神経となっており、これが筋肉の緊張による圧迫や摩擦によって、痺れや痛みといった神経痛を出すようになります…

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

来週でGWに入りますね!皆様は予定はお決まりでしょうか?
私は、引っ越しを5月中で行うので、引っ越し準備をする期間にあてようかな~?って思ってます♪

まだ、手を付けれてないんで…多分大忙しの連休になりそうです…

ですが!!!整体院 華はGWも関係なく営業しておりますので、お体の痛みでお悩みの方はいつでもご連絡下さいね♪

さて、今回は「坐骨神経痛」について症状の説明をしていきたいと思います♪
また、セルフトレーニング等もお伝え出来たらいいな!と思っています(*^^*)

「坐骨神経痛」ですが、最近ではメディアでも取り上げられることが多く、知らない人の方が少ないのではないかな~と思います。

この症状ですが、名前の通り「坐骨神経」といった人体で最も太く長い神経となっており、これが筋肉の緊張による圧迫や摩擦によって、痺れや痛みといった神経痛を出すようになります…

痺れは特に「お尻周辺」や「太腿」が多いですが、神経痛が進行している方は「足指」までビリビリと痛みや痺れを出すようになります。

「坐骨神経痛」ですが、この症状だけで起きる方もおられるのですが…実は、別の疾患を兼ねて起きる事の方が多いのです…

それは、何かというと…

「腰椎椎間板ヘルニア」
「脊柱管狭窄症」
「腰椎分離症・すべり症」
「腰椎の変形」

この疾患と併発して「坐骨神経痛」は起きます。

起きやすい方の特徴としては…

「重たい物を持つ事が多い方」
「中腰の姿勢が多い方」
「デスクワークによる長時間の同姿勢が多い方」

お仕事柄…仕方のないことですが、体に繰り返しの筋疲労や緊張状態を続けるのは良くない事です。

中腰や重たい物を持つ動作を繰り返すと、腰の筋肉だけでなく「お尻」や「腹筋」にも負担は多くかかり筋緊張が強く起きてしまい、いつかは神経を圧迫させてしまうようになるのです…

ですが、今すぐ止めるわけにもいきませんので、予防や改善が皆様にも出来るように次回…

「坐骨神経痛予防ストレッチ体操!!」をお伝えしたいと思いますので、今回のブログを見て「不安」になった方、すでに症状に思い当たる方は是非、見て行って下さいね♪

今からでも遅くないですので、諦めないで下さいね!(^^)!

アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402