- Blog記事一覧 - 腰痛予防体操の記事一覧

腰痛予防体操の記事一覧

「産後腰痛」と原因と押すだけセルフケア!

2019.08.22 | Category: 腰痛予防体操

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です!(^^)!

今回は「産後腰痛」についてご紹介したいと思います。

出産後の腰痛でお悩みの方はおられませんか?
産後に「腰痛」が起きやすいのは「骨盤の歪み」…と思われている方が多いと思います。

勿論「歪み」も関係性はあるのですが、それだけではありません…

妊娠時にお腹に赤ちゃんがいると…重心が前方に移動してしまい、バランスを取ろうとして「足がつま先重心(踵が浮く状態)」に…腰も反ってしまいます。

この状態が続くと、どこに影響が起きるかといいますと…

「背中の筋肉(脊柱起立筋)(多裂筋)」←姿勢に関係してくる筋肉
「骨盤底筋(骨盤の底)」
「肋骨の筋肉(横隔膜)」

これらの筋肉が影響してきます。

これらが硬くなってしまうと、腰の緊張が強くなり…それだけでなく横隔膜の動きが低下することにより呼吸量の低下・内臓の動きが低下します。
また、骨盤を支える筋肉に負荷がかかるのです。

この状態が続くので、妊娠時は呼吸が浅く、腰痛が起きやすいのです。

ただ、妊娠時は必ず起きる事ですので我慢するしかないのですが…この状態が長く続くとクセになり、出産後は少しずつ姿勢は戻ってきますが、もともと緊張していたこれらの筋肉は固まった状態です。

これが「産後の腰痛」へと変わってくるのです…

なるべく早い段階で、この固まっている筋肉を緩めてあげると更に腰痛の改善へと導けます!

今回は、ご自宅でも出来るセルフケア方法も載せておきますので、行ってみて下さいね♪

ケア方法としては「多裂筋(背中の筋肉)」に対してのアプローチとなります。

1 まずは写真の赤丸付近で「ピリピリ」と痛む場所を手で(母指)「グッ」と押さえて下さい!
※ 「気持ち良い」場所でもOKです!

2 そのまま、椅子などに膝を曲げて足を置きます。

3 その状態で、押している指の力は弱めずに膝を左右に曲げます。

4 10回程度繰り返して下さいね♪

注意点ですが、妊娠中は行わないで下さいね!(多分、しないと思いますが…危ないですので)
毎日じゃなくて構いませんので、定期的にケアを行って、腰痛の状態などを確認してみて下さいね!

「股関節」…寝るだけゆるゆるラクちん体操

2019.03.11 | Category: 腰痛予防体操

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

今月も半分近く過ぎましたね…
今年度もあっという間で「平成」も終わってくるのでしょう。

次の年号は何になると思いますか?
予想できる方、また教えてくださいね(‘ω’)

さて、本日は「股関節」のラクラク体操をお伝えしたいと思います♪

「股関節」は「腰痛」に関係してくる大切な部位になります。
股関節が硬いと歩く際に骨盤やお尻の筋肉が動き難くなって、腰にかかる負担を大きくします。
以前に、お尻のゆるゆる体操をご説明したと思いますが、一緒に行って効果を実感してみて下さい!

1 最初に腰の痛みや股関節の詰まり感を確認しておいてください。

2 このような台を用意しましょう。(台でなくとも足が少し持ち上がる物ならなんでもOKですよ!)

3 足を台に置いて膝が90°曲がる角度で維持しましょう
※ 力を完全に抜いて、少しお尻が持ち上がるくらいの高さが丁度良いです。

4 足を上げた状態で、5分程度ゆっくりとしておいて下さい。

この状態を維持することで、股関節が引っ張られてゆっくりと股関節周りを緩めていきます。
そうする事で、一緒にお尻の筋肉も緩まって腰痛の軽減を図る効果があります。
ただ、力が入ってしまうとあまり変化が実感出来ないと思いますので、注意してくださいね♪

整体院 華でも、腰痛や肩こり・頭痛の症状を持った方が多く来られています。
しっかりと原因を説明して、その解決策を提案をするように心がけており、ご自身の症状の理解をして頂いております。
当たり前の事ですが、この「当たり前」が出来ていない所は多いです…

もし、私のブログやサイト等見て、気になる方がおられましたら是非私に症状の改善のお手伝いをさせて下さいね♪

宜しくお願いしますね(*^^*)

ここまで、お読みいただきありがとうございました!

腰痛体操その2 10秒で腰の痛みが変わります!

2019.03.01 | Category: 腰痛予防体操

皆様、こんにちは!
整体院 華 院長 末光 海です!

このブログでは、前回の続きで「腰痛体操」をお伝えしたいと思います!

前回は、ボールを使った運動をしましたが、今回は、手でしっかりと「ある部分」を押圧して運動する体操になります。

「ある部分」とは何処なのか?と言いますと…

「みぞおち」……..です!!

ココをしっかりと押圧してお辞儀を10回するだけで、腰回りの筋肉がゆるゆるになるんです!!

実際に一緒に行ってみましょうか!!

※前述では、「みぞおち」と書きましたが….正しくは「みぞおち付近」となります。

また、最初に運動前後を比較するために、最初に前屈・後屈をしておいて下さいね。

1 最初に押圧する場所の確認をしましょう。

緑の線が肋骨になり、手で触っている部分が「みぞおち」です。
ココより肋骨に沿って2~3指下をゆっくりと奥まで押圧します。
※ 強く押圧すると「おえっ」となりますので、注意して下さいね。

2 そのまま押圧したまま、息を吐きながら10回「お辞儀」をします。
しっかりと呼吸をしながら、特にお辞儀をする際は息を吐くのを意識して下さいね。

これを左右10回ずつ行うと、お腹の後ろにある腰を曲げる時にお手伝いをしてくれる筋肉が緩まって腰回りの筋肉がゆるゆるになります。

最後にもう一度前屈・後屈をして運動前後を比べてみて下さい。
しっかりと出来ていたら、最初よりもラクに体が動かせると思いますよ!!

運動をする際ですが、力を入れた方が体に効くと思われがちですが、逆にギュッと力が入って筋肉が緊張してしまいますので、気持ちいいと思うくらいの力加減でするのが1番です。

前回と続けて、体操をお伝えしましたので、次回からは少し違ったお話をしたいと思います!
皆様も気になる方は、是非覗いてみて下さいね。

ここまで、お読み頂きありがとうございました♪

整体院 華
院長 末光 海

腰痛者必見! 10回動かすだけで「お尻ゆるゆる体操」

2019.03.01 | Category: 腰痛予防体操

皆様、こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海と申します。

今回はですね、整体院 華でも実際に患者様に行って頂いている体操をお伝えできればと思います。

皆様「腰痛」が起きた時ってどのように対応していますか?

私が勝手に思っているのですが、殆どの方がこのような対応をしているのではないかな?と思います。

「腰をマッサージする!!!」

多分…このような対応が多いと思います。

うん…。分かります!!
私自身もマッサージをされるのは、すごく好きです!!
マッサージされると、腰が伸びて改善された気がしますよね!?

でもですね、腰をマッサージしたら、本当に良くなるのでしょうか?

答えはNOです。
残念ながら、腰をマッサージするだけでは、根本的な「腰痛改善」には至っておりません。

「腰痛」の原因と言われる部分はいっぱいあります。
例えば…
・お尻
・お腹
・首
・膝
・足首
・腕

他にもまだまだありますよ!

今回の体操では、この中にある「お尻」の筋肉を使った「腰痛予防体操」をしたいと思います!

実はですね…この「お尻」の筋肉が「腰」が動く際にお手伝いをしてくれています。
解剖学的に筋肉上の繋がりはないのですが、筋肉の周りについてある「筋膜」というもので「腰」の筋肉と「お尻」の筋肉が繋がれています。
ですので、「お尻」の筋肉を緩めて刺激してあげると「腰」の筋肉も緩まって、負担が軽減します。
そして「腰痛」が楽になります…。

これを見ても「??」と思われる方が多いと思いますので、実際に行ってみましょう!!

この体操では、「テニスボール」や「ゴルフボール」などの丸くて硬い物を使用して下さいね。
※今回はテニスボールを使用しています。

1. 最初にビフォーアフターを確認するために前屈・後屈(前後かがみ)をして、状態を覚えていて下さい。

2. ボールを「お尻」の窪んでいる部分に置いて上向きになって下さい。

3. 上向きのままボールを置いてある側のお膝を曲げて下さい。

4. お膝を曲げた状態で外側に倒して下さい。

5. 最後に体操前と同じように前屈・後屈を行って変化を感じて下さい。

皆様、どうでしたか?

全員に効果があるわけではないですが、変化が出ている方が多いと思います。
皆様、是非、左右10回ずつ、継続してみて下さいね!

アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402