- Blog記事一覧 - 2019 3月の記事一覧

2019 3月の記事一覧

「脊柱管狭窄症」…痛みを悪化させてしまう運動方法

2019.03.28 | Category: 脊柱管狭窄症

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(‘ω’)

今日は、前回の続きで「痛みを悪化させてしまう」運動方法をお伝えしますね…

前回は「腰椎ヘルニア」でしたが、今回は「脊柱管狭窄症」という症状の事を書きたいと思います。

「脊柱管狭窄症」って聞いたことありますか?

人間の背骨の中には脊髄といった大きな神経があります。
この「脊髄」から神経が枝分かれして色々な神経へと変わっていきます…

「脊柱管狭窄症」とは「脊髄」の周囲にある骨が少しずつ変形を起こして神経の圧迫を起こすことで痺れなどが起きます。

また、安静時は殆ど違和感や痛みは無いですが、背筋を伸ばして歩きだすと痺れや痛みが出てくるため、休憩をしながら歩くようになってしまいます。
※ 間欠性跛行とも言います。

それと、前かがみの状態が楽なため段々と姿勢が猫背(亀背)へと変わります。
自転車なども楽なため、移動は歩行よりも自転車を使うことが多くなります。

発症で多い年齢は大体70歳くらいですが…
時々40代以降の方も起きることがありますね…..

「脊柱管狭窄症」もメディアやインターネットでよく紹介される症状でありますので「ヘルニア」同様に間違った運動方法をされている方が多いですので、1つ紹介致しますね!

体を反る運動

「脊柱管狭窄症」の方は、猫背の姿勢になるので姿勢を戻したい…という気持ちで体を反る運動をされる方が多いです。
これを繰り返すと、余計に神経の圧迫が強くなり痛みが増加してしまいます。

「体が丸まっているから反ることなんか出来ない」ともお聞きしますが、知り合いの方や身内の方に「姿勢がだらしない…」と言われて、運動を繰り返していました…と主張されていた患者様も当院におられます。

最近は、インターネットやメディアで色々な情報が飛び交っていますが、どれもがあなたにあった運動ではありません。

しっかりと症状と向き合って正しい知識を知ることが改善に繋がります。

「現在も痛みでお悩みの方…」
「正しい知識を知りたい方…」

些細な事でも構いませんので私がご相談に乗ります!!いつでもご連絡下さいね!(^^)!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

「腰椎ヘルニア」痛みを招いてしまう運動方法…..

2019.03.27 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

本日はですね…
「腰椎ヘルニア」の痛みを悪化を招いてしまう運動方法をご紹介しますね!(^^)!

「腰椎ヘルニア」持ちの方は、現在どのように対応をしていますか?

「ストレッチ」
「ヨガ」
「運動」
「「トレーニング」
など…「このような運動がオススメですよ!」とネットなどで見て実施している方も多いと思います。
現在は、ネット社会ですからね…検索したらなんでも出てきます!!

ですが、あなたの症状に合っていない運動方法をしてしまうと悪化を招いてしまいます…

特に多いのが…

「インターネットで検索したらオススメの体操法って出ました」

「私はこの運動で良くなったら同じことしてみたら?」

こんな事を言われて同じ運動をしたら、逆に悪化したと時々お聞きします。

今回は、少しだけですが「腰椎ヘルニア」の痛みを招く運動方法をお伝えしたいと思います。
もし現在似たような運動をしているならば、いったん中止をした方が良いかもしれません…

こちらが痛みを助長させる運動です。

写真のような、前屈運動や捻じる運動になります…

ヘルニアの方は、前屈をする動きが良くありません。

なぜなら…「ヘルニア」とは、背骨の中にある組織の一部が飛び出てそれを圧迫してしまうので痛みや痺れが出てきてしまいます。

前屈することで余計に圧迫を招いてしまい、痛みの増加や痺れの助長を促すのです。
また、人によっては組織が飛び出る方向が違うため、捻る運動なども良くないですね…

このような真っ直ぐ起き上がる「腹筋運動」も腰に負担をかけてしまうため、あまりよくないです…
腰回りを強化して、腹筋や背筋の強さで筋肉の動きをサポートする方法もあるのですが、急性期の痛みがある状態などで行ってしまうとより痛みを悪化させます。

ヘルニアでお困りの方は、もの凄く多いと思います。
病院に行くと手術しかない…とも言われた方もいるかもしれませんし、現在も痺れや痛みで悩まれている方もおられると思います。

「正しい運動方法を知りたい!
「悩みを本気で解決したい!」

と思われる方は是非、私にお手伝いをさせて下さいね!

今回は「腰痛症状」の中の「腰椎ヘルニア」をご紹介しましたが、次回は「違う症状」のご紹介をしたいと思います♪

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

「骨ストレッチ」で10回肩こり解消術♪

2019.03.26 | Category: 肩こり

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

皆様は「骨ストレッチ」って知っていますか?
前に本を出版されて現在でも継続して販売されていますし、TVでも何度か見かけたことがあります。

「人間は体を動かすときは、主に筋肉を使って動かす」と主に言われていますが、無駄な力を使用し過ぎているためスムーズな動きが出せていないのです。
そのスムーズな動きに必要なのが…

「骨の連動性」

によって、無駄な力を使わずにスムーズな動きを作ります。

その「スムーズな動き」に関与している「骨」が…

「鎖骨」
「肩甲骨」
「肋骨」
「骨盤」

人間は、普段の運動不足やストレス・間違った筋肉の使い方によって体を緊張させています。
特に先ほど、紹介した骨の連動性が失われて可動域の低下や筋緊張による肩こりや痛みを出すのです。

先日紹介した「筋膜」の考え方とはまた違って面白いですよね♪
人間の体に絶対はないですので、今回の運動も試してあなたに合った事を行ってみて下さい!

それでは、運動を説明したいと思います。
最初に注意点ですが、少し窮屈な姿勢となりますがなるべく姿勢を崩さずに頑張って下さい。
姿勢が崩れると効果が半減します。

今回は「肩こり」「肩の可動域向上」の「骨ストレッチ」です。

1 まずは、右手の親指と小指をくっつけます。

2 左手の親指と小指で写真の丸部分を抑えて下さい。
※ 左の親指で右手の親指側・小指で右手の小指側を抑えます。

3 最後にお腹の前に手を持って動かします。
※動かす部分は手首だけで上下・左右10回でOKです!
※窮屈な姿勢の為、他の部分に力が入るかもしれません…なるべく力を抜いてリラックスしましょう♪

写真では、座っていますが運動を行う時は立って行いましょう。

正しく運動が出来ていたら肩の部分が軽くなっており、肩の可動域が向上しています。
運動前後で分かるように、最初に触って硬さを確認していてくださいね♪

もっと「骨ストレッチ」を知りたい!と言われる方は、いつでも整体院 華に来てくださいね!(^^)!

「姿勢調整」の途中経過です!

2019.03.25 | Category: 姿勢矯正

皆様こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です♪

本日は患者様に「姿勢を治して欲しい…」とのお悩みがあったので施術の経過を追ってみました。

こちらの写真が来店時の状態となります。

右肩が下がっており、左肩が上がっている状態です。
写真では上半身だけですが、骨盤は後傾して、右足が0.5cm程度長い状態です。
また、右の肩甲骨が前方へ向かっており、左右差だけでなく、前後での歪みなども見られていました。

ご本人様は、歪みに対しての違和感は無いと言われていましたが、肩を触ってみると緊張が強く、猫背でした。

とりあえず「骨盤・背骨矯正」「頭蓋骨を利用した調整」だけを行ってみました…

これが、施術後の写真です。

左右差は少なくなっていますがまだ残存している部分はありますね。

骨格だけでなく、次に筋肉の緊張部位を探して歪みの確認をすると

「下部肋骨」
「腹側筋」
「殿筋」
「肩甲骨付着筋」

などに緊張や左右差が見られていました。

骨盤調整だけでは、満足のいく結果が出なかったため「筋緊張の緩和」を図り、左右のバランスを整えてみました。

特に「肩甲骨」の左右差が強かったので「肩こり」などの確認をご本人様に聞いてみると…

「仕事中は肩が凝っている感覚がある」

「バイクに乗る時間が多くて、腰が痛くなる時がある」

と言われていました…

体の歪みによって筋肉のバランスが不均等になることで筋緊張が起きて血液循環の悪化が出ていたのでしょうね。

聞いていく内に他にもお悩みが出てきたので、色々な部位にフォーカスを当てて施術をさせて頂きました。

4回程度来院を継続すると、体の戻りも少なくなり、現在では肩こりも殆ど無くなり腰痛なども気にならない程度になっているそうです。

こちらが現在の姿勢の状態です。

殆ど左右差も無く、来院期間を開けても戻りは少なくなっています。

完全に定着しているわけではないですので、まだ継続はして頂いておりますが、ご本人様はとても満足しております。

来月は結婚式があるそうで、「綺麗な姿勢で写真に写りたかった」そうですよ!
早めにお悩みが改善出来て良かったと思います。

これからもお悩みがある方々の為に、正面から向き合い頑張っていきたいと思います♪

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!(^^)!

その「腰痛」…原因はどこから?? その2

2019.03.23 | Category: 筋膜リリース

皆様、こんにちは!
整体院 華の院長 末光 海です(*^^*)

今回は、前回の続きで「筋膜」をリリースする運動方法をお伝えして「腰痛」予防に努めてみましょう♪

少しおさらいをしますが…

「筋膜」とは、筋肉の周囲にコーティングするように付着しています。
※ イメージすると、鶏肉の皮とお肉の間にあって、引っ張ると伸びるヤツです(笑)

「筋膜」が硬くなると筋肉を締め付けてしまい、中にある「血管」や「神経」を圧迫して痛みが強くなります。

そして…その状態を放置しておくと「慢性化」します。

「痛みの原因が無い…」と言われても、この「筋膜」というものが原因で「腰痛」が起きたりもしますので、ここからは、ボールを使った運動を書いていきますね♪

1 テニスボールを用意しましょう。
※ テニスボールくらいの硬さのものならば、代用出来ます。

2 ボールをお尻のくぼみがある部分に置きましょう。
※ ×印の部分にボールをおいて下さいね。

3 その状態で「あぐら」をかいて座ります。
※ 難しい方は、足を延ばしてもOKです!!

4 体を左右に倒して…戻して…これを1分間継続します。

※ 行う前に前屈・後屈をして痛みの強さを確認しておくと、より変化が分かるので継続しやすくなりますよ!!

「筋膜」は「腰痛」の原因だけでなく「肩こり」や「膝痛」…「股関節痛」など様々な要因を引き起こします。

「痛み」というのは、結果としてそこにあるのでなく…原因は他の場所にありますので、痛い所をマッサージしたり、施術によるアプローチをしてもあまり良くならない事が多いです。

セラピストもですが…施術を受けるあなたも「原因」を知っておくことで、早く「痛み」を改善させることが出来ます!

それは、あなた自身が状態を把握する事で「治療の大切さ」を知り継続して治療院に通うようになるからです。

人間は、事の問題を知れば解決策が欲しくなるのです…

当院でも患者様に正直に原因をお伝えして来院回数や状態を知っていただき、継続して治療をさせてもらっています。

最後には、痛みを無くなり笑顔で帰られています。

あなたも「痛み」の無い生活を取り戻してみませんか?

興味のある方はいつでもお電話してくださいね♪

いつでもお待ちしております!

アクセス情報

所在地

〒790-0951
愛媛県松山市天山3-14-5 NO15 みのりコスモス101

駐車場

1台あり

定休日

不定休
※定休日は新着情報にてご確認ください。

ご予約について

当院は完全予約制となっております。

電話番号

固定 089-904-2759

携帯 080-6396-1402